小平市の小児科、アレルギー科【遠藤こどもクリニック】 喘息,予防接種,東久留米市,東村山市

遠藤こどもクリニック

医師の紹介

院長の紹介

遠藤 隆

  • 1959年、東京都八王子市に4人兄弟姉妹の 末っ子で次男として産まれる。
    実家は精肉卸及び小売業。
  • 八王子市立元八王子東小学校、元八王子中学校、都立立川高校を経て、1984年、秋田大学医学部卒業。
  • 秋田大学病院、昭和大学病院、町田市民病院、公立昭和病院、
    昭和大学病院、公立昭和病院を経て、
    平成10年 、遠藤こどもクリニック開設。

日本小児科学会専門医、医学博士

 





 

 

 

趣味
読書 いつも何か読むものがあって欲しい。間違えて同じ本を買う事が得意で3冊買った事もあります。新しい本を読みたいのですが、読み直しも内容忘れていて新鮮だったりすることに最近きづきました。
ガーデニング クリニックの小さな花壇の植え替えをし、雑草とイモムシと戦い、夏の水遣りに苦労してます。でも楽しみでもあります。
駐車場にイングリッシュガーデンを作りたいと思っています。
ゴルフ 3日クラブを握らないと不安になり、暑くても寒くてもやりたかった時期は過ぎ、気候のよい時に楽しんでいます。けど上手くいかないと悔しいので、身体作りからやり直そうかと思案しています。 
テニス ずっと卓球部だったのにテニスの方が好きで、もしかしたら卓球より得意かも知れません。
最近また肩凝り腰痛対策として再開しています。
バイク 僕が高校1年生の時は大型免許が取れました。直ぐに免許をとり兄のCB750を貰いました。初任給で買ったのもそう言えばバイクでした。息子が免許を取ったので250CCのバイクを買い25年ぶりにリターンしたら運転下手になっていて近所を散歩するように乗っています。けれどいつでも旅立てる様にあがってしまうバッテリーを充電して準備しています。
ブログ ゴルフの身体作りのために入ったテニススクールで頑張りすぎて捻挫して書きはじめました。ほそぼそ書き続けています。

 

ご挨拶

小児科は産まれたばかりの赤ちゃんが成人するまで、
その疾患を治療し発達を見守り健康管理を行う科です。
月齢、年齢で生理的な特性と機能が異なるため、それを考慮した対処が必要です。

受診されてすぐに経過と病状をうかがいます。
緊急性の有無をまず判断し、流行性疾患を鑑別します。
その後に診察し診断と治療を行いさらに必要なアドバイスをさせていただきます。

お母さんお父さんは目の回る忙しさで一所懸命に勉強しても
わからないことがたくさんあると思います。
心配になったらためらわず受診して少しずつ対応をおぼえてください。

ささいな症状でも普段とこれは違うと感じたなら受診してください。
月齢、年齢が少ないほど症状は急速に変化し悪化します。
「こんな軽い症状で受診したの?」と言うことのけっしてないよう心がけています。
私もそのお子さんの特性を少しずつ覚えながら状況にそくしたアドバイスをさせていただき、
お子さんと一緒にお母さん、お父さんにも成長していただきたいと思っています。

当院で対応しきれない疾患には近隣の総合病院小児科と連携し対応させていただいています。
連携の都合上、状態が悪い場合は出来るだけ午前中の早い時間の受診をお願いします。
お母さんやお父さんの風邪など急性疾患にも出来る範囲で対応させていただいています。

地域のホームドクターとしてこども達に寄り添った暖かい医療を行い、
こども達の笑顔が見れるようスタッフ一同努力しています。
よろしくお願いします。