小平市の小児科、アレルギー科【遠藤こどもクリニック】乳幼児健診,予防接種,東久留米市,東村山市

遠藤こどもクリニック

遠藤こどもクリニック

予防接種

Vacctination

予防接種

各予防接種について

詳細は、それぞれの項目をクリックしてください。

接種回数 1~4回(接種開始月齢で異なります)
年齢 生後2ヶ月~
回数/間隔

① 生後2ヶ月~6ヶ月に開始 4回接種

1~3回目は、それぞれ3週間以上、標準的には8週目の同じ曜日まで
追加は、3回目接種から7ヶ月あけてから

② 生後7ヶ月~1歳未満までに接種開始 3回接種

1~2回目は3週間以上、標準的には8週目の同じ曜日まで
追加は2回目から7ヶ月あけてから

③ 1歳過ぎに接種開始 1回接種

★公費接種は4歳まで

接種回数 1~4回(接種開始月齢によって異なります)
年齢 生後2ヶ月~
回数/間隔

① 生後2ヶ月~6ヶ月に接種開始 4回接種

1~3回目は、それぞれ4週間以上あける
追加は、生後12~15ヵ月後

② 生後7ヶ月~1歳未満までに接種開始 3回接種

1~2回目は、4週間以上あける
追加は60日以上あけて生後12ヶ月以降

③ 1~2歳未満までに接種開始 2回接種

追加は、1回目から60日以降あける

④ 2歳~9歳で接種開始 1回接種

★公費接種は4歳まで

接種回数 3回
年齢 生後すぐから可(標準は生後2ヶ月から)
間隔

1から2回目は4週間以上あける。

3回目は、1回目接種後から20週後の同じ曜日から(標準は20〜24週あける)

★平成28年4月以降に生まれた方は、1歳まで公費接種

10歳未満 4,500円×3回

10歳以上 6,000円+税×3回

ロタリックス(1価、2回接種)、ロタテック(5価、3回接種)の2種類のワクチンがあります。
2種類の違いは以下のとおりです。同じワクチンを必要回数接種します。
ワクチンそれぞれの内容、違いに関してお電話で十分なご説明はできませんので各ワクチンのメーカーHPにて
詳細をご確認いただきお選びください。

  ロタリックス ロタテック
メーカー グラクソ・スミスクライン MSD
価数 1価(G1、P[8]) 5価(G1~4、P[8])
構成ウイルスと弱毒化 ヒトロタウイルスの中でも最も多いG1[8]のロタウイルスを弱毒化した1種類のクローン株で、交差反応により他タイプへの免疫反応示す。 ヒト、ウシロタウイルスを親株にして遺伝子組み換えしたG1~4、P[8]型の再集合体ロタウイルス株を含有する5種類の組み替え体で、流行頻度の高いタイプに対応したウイルス株が防御効果を示す。
腸管での増殖 ヒトの腸管でよく増殖するので、少ないウイルス接種量で有効な免疫を誘導する。 ヒトの腸管での増殖は弱いので、大量のウイルスを接種する必要がある
承認国数 120ヶ国以上 100ヶ国以上
効果効能 ロタウイルスによる胃腸炎の予防
ロタウイルスG1P[8]、G2P[4]、G3P[8]、G4P[8]、G9P[8]に対する予防効果が示唆されている
投与量・回数 1.5ml 2回(4週以上あけて) 2ml 3回(4週間以上あけて)
接種期間 生後6週~24週
初回は15週未満を推奨
生後6週~32週
国内臨床試験
の結果
ロタウイルス胃腸炎
予防効果
79% 75%
重篤なロタウイルス胃腸炎
予防効果
92% 100%
接種金額 1回 14,300円(税込) 1回 9,680円(税込)
総額 2回接種 28,600円(税込) 3回接種 29,040円(税込)

★効果に大きな差はありません

接種回数 4回
年齢 生後3ヶ月~7歳半
間隔

1~3回目までは、それぞれ3週間以上、標準的には8週目の同じ曜日まで

追加(4回目)は、3回目から標準的には12~18ヶ月(最低6ヶ月以上)あけて接種

接種回数 1回・集団接種(小平市では健康センターにて)
年齢 生後5ヶ月~8ヶ月に達するまでが標準的な接種期限(1歳未満で接種)
接種回数 2回
年齢

1~2歳未満(1期)

小学校就学前の年度(幼稚園、保育園の年長)1年間(2期)

接種回数 2回
年齢 生後12ヶ月~36ヶ月(1~3歳未満)
間隔

初回接種から3ヶ月以上(標準は6~12ケ月)あけて追加接種

★年齢対象外の方は自費接種になります
1回:7,000円+税

接種回数 2回:5,000円+税
年齢 生後12ヶ月以降
間隔 1回目接種後から3~5年後に2回目
接種回数 4回
年齢 3歳~7歳半まで(1期)
9歳~13歳未満(2期)
回数/間隔

1期 3回

1~2回目は、1~4週目の同じ曜日(6日以上28日まで)、
できれば2週間以上あけて
追加は2回目接種から6ヶ月以上あける(推奨は概ね1年あけてが望ましい)

2期 1回

接種回数 4回(生ワクチンが1回済んでいる方は3回)
★ネット予約不可のためご希望の方はご連絡ください。
年齢 生後3ヶ月~
間隔 1~3回目までは3週間以上あける
追加接種は、3回目終了後から6~18ヵ月後(推奨時期は1年後)
年齢 11才~13才未満(6年生の4月に予診票がきます)

小学校6年生から高校1年生相当までの年齢の女子が対象です。
(定期接種ですが、積極的な勧奨は中断されています)
希望の方は、公費で接種できます。以下のホームページを参照して下さい。

① 厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンQ&A

② 日本産婦人科学会 子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

 

当日の持ち物
  • 母子手帳
  • 予診票
  • 診察券
  • 保険証と医療証

 

予診票ダウンロード

おたふく、ロタリックス、ロタテックの予診票がダウンロードできます。

・おたふく予診票ダウンロード
・ロタテック予診票ダウンロード
・ロタリックス予診票ダウンロード

 

接種時期

ワクチンの接種時期を確認して、できるだけ早い時期に接種して下さい。

乳児期、初めての接種、同時接種は週末を避け週始めをお勧めします。

スケジュールはコチラ

 

接種間隔

以下の接種間隔にご注意ください。
なお、同じワクチン同士の間隔は以下に該当しないものもあります(例:ヒブ1回目から2回目は4週間あける)
同じワクチンどうしの間隔は、「各予防接種について」をご確認ください。

 
前回の予防接種が 不活化ワクチンの場合

ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、日本脳炎、インフルエンザ、など

⇒ 1週間あける

前回の予防接種が生ワクチンの場合

BCG、麻疹・風疹、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルスなど

⇒ 4週間あける

 

同時接種

接種スケジュール時期が同じワクチンは、同時接種をお薦めしています。

 

病後の接種時期
麻疹 治癒後4週間程度
風疹、水痘、おたふくかぜ 治癒後2~4週間程度

突発性発疹 発疹消失後2週間
手足口病、伝染性紅斑(リンゴ病)等 経過により治癒後1週間程度
熱性痙攣 最終発作から1ヶ月の観察期間をおいてから
川崎病や突発性血小板減少病などで
ガンマグロブリン療法後

・不活化ワクチン、BCG、ロタワクチンは安定してたら可

・MR、水痘、おたふくは6ヶ月経過してから

 

水痘 7,000円
おたふくかぜ 5,000円
ヒブ 8,000円
小児肺炎球菌 11,000円
四種混合 10,000円
二種混合 DT 3,000円
日本脳炎 7,000円
麻疹風疹 MR 10,000円
麻疹(単独) 6,000円
風疹(単独) 6,000円
不活化ポリオ 10,000円
B型肝炎 10歳未満 4,500円
10歳以上 6,000円

 

その他

★近隣市の方でも公費予防接種(市から予診票が交付されるもの)もできます。

  • 小平市在住他
  • 東久留米市
  • 東村山市
  • 西東京市
  • 小金井市
  • 国分寺市
  • 清瀬市
  • 東大和市
  • 武蔵村山市
  • 国立市
  • 立川市
  • 昭島市

の方が対象になります。

※予診票はお住まいの市が交付したものが必要です。

Page Top

042-343-0066   WEB予約